福島市のホームページ制作会社
Webマーケティングで使われる代表的な手法

Webマーケティングで使われる代表的な手法

Webマーケティングとは、Webサイトで行うプロモーション施策のことです。WebサイトやSNSなどWeb媒体を活用し、商品やサービスの販売促進や自社の認知度向上に重要なものです。
ここではWebマーケティングをする上で重要となる4つの手法をご紹介します。

目次

1.SEO対策

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語で「検索エンジン最適化」と言われています。
GoogleやYahoo!JAPANといった検索エンジンの検索結果に対象のWebサイトを上位に表示させて、アクセス増加を狙う手法のことです。

検索エンジンは「ユーザーに有益な情報」を検索順位上位に表示する仕組みとなおり、ユーザーのニーズに沿った検索キーワードを選定し、検索エンジンに評価されるような工夫をWebサイト内部に施します。

2.ランディングページの設置

ランディングページとは、検索結果や広告などからの訪問者が最初に「ランディング=着地」するページのことです。
一般的なWebページとは別に、特定の商品やサービスについて、ユーザーのコンバージョン(商品購入やユーザー登録、資料請求など)に結びつけやすいランディングページを別途設置するという方法があります。

ランディングページは1ページ内でコンバージョンまで誘導する縦長レイアウトを用いているケースがほとんどです。
商品をわかりやすくアピールするため、広告的要素が強いデザインが多く、訪問者を他ページに流さないようリンクを絞るなどの工夫が施されています。

ランディングページ

3.リスティング・広告関連の運用

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果上部に表示される広告のことで、広告を用いてWebページへのアクセスを誘導することが可能です。

リスティング広告

SEO対策で検索上位を狙う場合は順位変動もありますが、「Google広告」「Yahoo!プロモーション広告」などといったリスティング広告では、広告費を支払うことで確実に上位表示させることができます。

4.SMO

SMOは「Social Media Optimizaton」の略で、日本語では「ソーシャルメディア最適化」を意味します。具体的にはTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを利用し、自社アカウントを運用しながら集客する手法のことです。

最近はSNSを活用して情報を得る人が多いため、SNSで認知度を上げて自社サイトへ誘導し、アクセス数を向上させる集客方法が最も効果的です。さらにSNSで話題性のある投稿をしてユーザー同士で拡散してもらうことで、爆発的に顧客が増えたというケースも実際にあります。

まとめ

インターネットの利用の高まりで、多くの企業やお店が「Webマーケティング」に取り組んでいます。
Webマーケティングが成功すれば、商品やサービスの売上を大きく伸ばすことが可能です。
無料で出来るものやコストをかけて行うものもあるため、取り組みやすいものから始めてみましょう。

Facebook
Twitter

関連する記事

最近の記事
2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
上部へスクロール