福島市のシステム開発・ホームページ制作会社

ECサイト成功のカギ!効果的なファーストビューの作り方

「ファーストビュー」とは、ユーザーがECサイトにアクセスした際、表示される最初の画面です。

ユーザーがページをスクロールするか離脱するかはわずか3秒で決まるとされていて、ファーストビューが離脱率・売上に影響を及ぼします。

そこで今回はECサイトのファーストビューを作成時に押さえておきたいポイントを紹介します。

ECサイト成功への一歩を踏み出しましょう。

ファーストビューの目的

ファーストビュー(FV)とは、ECサイトを表示した際、最初に表示される(スクロールせずに見える)部分を指します。

ユーザーは見えている部分で「このECサイトに自分の気に入るものがありそうか」を瞬時に判断します。

そのため、ファーストビューで重要なのは「誰に・何を・どのように伝えるか」です。

  • ターゲットは誰か
  • ユーザーが得られるメリットは何か
  • どのような言葉を使っているか

この3つを工夫することで訪問者の関心を引き、サイト巡回や購買へと誘導します。

ECサイトで成功を収めるためにはファーストビューがカギといっても過言ではありません。

効果的なファーストビューを作るには

ファーストビューの重要性は理解できるものの、ではどのようなファーストビューを作ればよいのでしょうか。

ここからは、より効果的なファーストビューを作るために知っておきたいポイントを紹介していきます。

ターゲット層に合ったデザイン

サイト訪問者は「このサイトに自分が求めている情報や商品があるか」を瞬間的に判断します。

属性(性別・年齢・職業・年収・趣味など)に合ったデザインを提供できれば、それだけユーザーの心に刺さりやすくなります。

ターゲット層が共感し、親近感を抱ける要素をデザインに取り入れることで、ECサイトの巡回・購買に至る可能性が高まります。

ターゲット層を明確にし、デザイン要素にターゲット層の嗜好やニーズを反映させましょう。

簡潔かつ魅力的なキャッチコピー

キャッチコピーは、商品・サービスの本質を簡潔かつ効果的に伝えなければいけません。

ECサイト初心者でよくあるのですが、多くの情報を伝えようとして、つい情報を盛り込んでしまいます。

しかしそれではうまく伝わりません。

簡潔で魅力的なキャッチコピーは、訪問者の注意を引き、興味を喚起する力を持っています。

キャッチコピーを作成する際には、以下のポイントを考慮しましょう。

シンプルで記憶に残る言葉

短くても強力なキャッチコピーを目指しましょう。

覚えやすく、言葉選びに工夫を凝らして、感情やインパクトを与える表現を使用します。

ターゲット層の言葉遣いや価値観に合わせてカスタマイズすることも大切です。

商品の本質に焦点を当てる

キャッチコピーは商品の核心的な価値や利点を浮き彫りにするチャンスです。

訴求内容を絞り込み、「何が特別で魅力的なのか」「他社とどう違うのか」を強調しましょう。

ユーザーのメリットを前面に

商品やサービスの利用がユーザーにもたらすメリット(ベネフィット)を具体的に表現します。

どのような問題を解決し、どのような価値を提供するのかを明確に示すのです。

裏付けるデータや権威付け

キャッチコピーの主張を証拠で裏付けることで信頼性が高まります。

  • 統計データ(売上No. 1、お客様満足度○%など)
  • 専門家の推薦
  • 顧客の成功事例

などを活用しましょう。

商品を使うイメージができる写真・画像

ECサイトでは、ユーザーが直接商品に触れたり試着したりできないため、画像や動画が大きな判断基準となります。

そこで、ファーストビューには実際の商品画像や使用シーンの動画を使いましょう。

  • 特徴
  • デザイン
  • サイズ感
  • 金額(料金、送料)

などが分かるとベターです。

商品を使った時のイメージを具体的に想像できるようになるため、購買意欲を高められます。

レスポンシブ対応

最近はスマートフォンが主なインターネット閲覧デバイスとなり、レスポンシブデザインが重要性を増しています。

「レスポンシブデザイン」とは、スマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスに合わせて、自動的にレイアウトが変わることを言います。

特にファーストビューの画像サイズはPCとスマホで異なるケースが多いため、注意が必要です。

レスポンシブデザインに対応していても、実際にデバイスで確認する際には表示が崩れたり操作が難しかったりすることがあります。

デバイスごとにチェックし、ユーザーを困らせないよう心がけましょう。

表示速度

デザインにこだわりすぎると、表示速度が遅くなり、離脱率が上がってしまいます。

たとえば、派手なアニメーションや解像度の高い画像を多用すると、ページの読み込みが遅くなる可能性があります。

画像・動画を使用するのは良いアイデアですが、表示に時間がかかりすぎるようなら見直しましょう。

実際、Googleの調査では、ページの読み込みが1秒から5秒に増えるだけで、ユーザーがサイトから離れる割合が90%増加することが示されています。

ECサイトのファーストビューを作る際は、表示速度も忘れないようにしましょう。

まとめ

ファーストビューはECサイトの重要な部分で、離脱率にも影響します。

今回紹介したポイントを押さえれば、ユーザーの関心を引き、購買へ導く力が高いファーストビューを作成できます。

ぜひ参考にしてみてください。

Facebook
Twitter

関連する記事

最近の記事
2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
上部へスクロール