福島市のホームページ制作会社

ECサイトの作り方(構築方法)5種類をわかりやすく解説!

ECサイト構築にはさまざまな方法がありますが、自社に最適な選択をするためにはそれぞれの特徴を理解することが重要です。

そこで今回はASP・オープンソース・パッケージ・クラウドEC・フルスクラッチについて、メリットとデメリットを紹介します。

運用コストやカスタマイズ性などを考慮し、自社に合った方法を見極めましょう。

ASP

「ASP」は手軽さが魅力。

ECサイト開設までスピーディーな上に、コストが低いので、多くの中小企業や個人事業主に選ばれています。

メリット1. 数時間で開設

ASPはデザインや商品登録などの手順がシンプルなため、早ければ数時間でECサイトを開設できます。

「とりあえずネットショップを立ち上げたい」「できるだけ早く開店したい」というケースにピッタリです。

メリット2. セキュリティ対策はお任せ

ECサイトでは顧客情報を扱うため、セキュリティも重要です。

ASPならサーバーの管理やセキュリティのアップデートはASP側で行われるため、ECサイト運営者は管理だけに専念できます。

メリット3. 低コスト

ASPは基本的にリーズナブルで、月額3,000円〜1万円程度で運営できます。

決済手数料のみが発生するプラン(無料プラン)なら、売り上げが発生した際にのみコストがかかります。

デメリット1. デザインの制限

ASPでは基本的にテンプレートデザインを使用するため、デザインが制限されてしまいます。

オリジナリティがあまり出せず、他のショップと似たような見た目になってしまうのがネックです。

デメリット2. システムと連携できない

通常、ASPは店舗システムとデータ連携されません。

1日の注文数が多くなるとミスが増え、業務効率が低下する可能性があります。

オープンソース

「オープンソース」は、無料で提供されているECシステムをダウンロードし、ECサイトを構築する方法です。

コストを抑えながら本格的なECサイトを作りたい方に向いています。

メリット1.導入費用がかからない

オープンソースは無料で入手できるため、費用をあまりかけずにECサイトの構築が可能です。

サーバーのレンタル費用は考慮する必要がありますが、他の方法と比べて比較的安価です。

メリット2. カスタマイズ性が高い

オープンソースは自由にカスタマイズでき、多機能なECサイトを構築できます。

ASPでは物足りない方に向いています。

デメリット1. 技術力が必要

オープンソースのカスタマイズには技術力が必要です。

HTMLやCSSなどのプログラミング知識を持っていないと、うまく活用できないでしょう。

デメリット2. サポート不足

ECモールやASPとは異なり、オープンソースにはサポート体制がありません。

社内にシステムに詳しい人材がいない場合、運用が難しくなる可能性があります。

ECパッケージ

ECパッケージは「ある程度費用をかけてもいいから機能面やデザインに優れたECサイトを構築したい」という企業に向いています。

メリット1. 必要機能が揃っている

ECパッケージには、カート機能や受注・売上管理、顧客管理など、ECサイト運営に必要な機能が最初から含まれています。

メリット2. システム連携が可能

パッケージをベースに、カスタマイズによって複雑なシステム連携も可能です。

すでに自社でシステムを利用しているなら効率化のために選びたいですね。

メリット3. デザインの自由度が高い

デザインも自由に行えます。

ブランドイメージに合わせた魅力的なECサイトを作成したいならおすすめです。

デメリット1. 費用が高い

 ECパッケージの導入には初期費用がかかり、数百万円になることがあります。

追加のカスタマイズが必要な場合、さらに数十万円を用意しなければいけないでしょう。

デメリット2. システムが古くなる

パッケージが古くなると、新しい機能やセキュリティ対策が取り入れられない場合があります。

クラウドEC

クラウドECとは、名前の通りクラウド環境でECサイトの構築から運用まで対応しているサービスです。

クラウドECは柔軟なカスタマイズと最新のシステムを重視する企業に適しています。

メリット1. 自由なカスタマイズ

クラウドECでは各社固有のカスタマイズやシステム連携が可能です。

自社の要件に合わせた独自のECサイトを構築できるでしょう。

メリット2. 最新のシステム環境

提供会社がシステム開発を行うため、常に最新のシステム環境が保証されます。

旧式化したシステムを心配する必要がありません。

また、繁忙期や突然のアクセス急増時でも、クラウド型はサーバー数を柔軟に増減できるのも魅力です。

デメリット1. 月額料金が高め

クラウドECは数十万円という月額料金がかかります。

ASPと比較してコストが必要なので、ある程度売り上げが予測できる場合のみ選んだほうがいいでしょう。

デメリット2. 依存性

サービス提供会社の問題によってはサービスの中断が発生する可能性があります。

自社で保守管理やソースコードの把握ができないので、万が一の場合は作り直さなければいけません。

フルスクラッチ

フルスクラッチはゼロからECサイトを構築し、完全オリジナルの自社ECを実現できる方法です。

メリット1. 理想を実現

フルスクラッチは完全オリジナルの構築なので、デザインを徹底的に追究できます。

他社とカブることなく、自社の色を出せるでしょう。

メリット2. 柔軟なカスタマイズ

ゼロから作るため、どんな要件も実現可能です。

ASPでは提供されていないような機能も、フルスクラッチなら叶えられます。

デメリット1. 開発期間が長い

フルスクラッチは大規模な構築になるため、開発期間も長くなります。

今すぐにECサイトを作りたい場合には向いていないでしょう。

デメリット2. コストが高い

フルスクラッチはECサイト構築方法の中で最も費用がかかる方法です。

深い知識と高い技術力が求められるため、相応の人材と費用が必要なのです。

まとめ

自社のECサイト構築には5つの方法があります。

  • ASP:すぐに開設できるが、自社の色は出しにくい
  • オープンソース:導入費用はかからないが、技術力が求められる
  • ECパッケージ:必要な機能が揃っているものの、高額になりがち
  • クラウドEC:最新のシステム環境を維持できるものの、月額料金が高い
  • フルスクラッチ:理想を実現できるが、費用も時間もかかってしまう

それぞれのメリットとデメリットを把握し、自社のニーズやリソースに合った方法を選びましょう。

Facebook
Twitter

関連する記事

最近の記事
2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
上部へスクロール